2017/10/16

留学前の不安と乗り越えたこと【セブ留学体験談ブログ】| Yukaさん編 #5

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら

第5話  留学前の不安と乗り越えたこと

会社を辞めて、留学にチャレンジしたYukaさん。今回は学校を選ぶ際に気にした点から、留学生活の中で心が折れそうになった時のエピソードまでを伺いました。

これから留学に行きたい方はもちろんのこと、今留学中の方にもご参考になれば幸いです^^

留学の達人Hiroko

Yukaさん
28歳 女性 社会人


語学学校:CIAセミスパルタ(セブ)
12週間(3ヶ月)
インテンシブコース
ホテル1人部屋+相部屋

英語レベル:留学前TOEIC275点→ 留学後495点(220点アップ!)


数年前に数ヶ月英会話学校に通ったのですが、結局恥ずかしくて話すことはできない状態でした。

初歩的な文法と単語しかわからない状態で留学に行きました。

留学中は会話中心に学んだため、TOEIC対策をしていませんでしたが、帰国後にTOEICを受けたら220点アップしていました!

留学に行く前は不安なことがたくさんありました

セブ留学にあたって、まず留学エージェントを探してから、学校を選ぶことにしました。

 

※第2話より抜粋

たくさんのエージェントさんの口コミを様々なサイトから読み漁り、資料請求後の勧誘の電話が多いところ(大手)は除外し、口コミの良い2社に絞りました。

2社ともに説明を聞きに伺い、サポート体制や小野里さんを信頼したいという気持ちで選びました。

学校を決めるにあたって、こうだったらいいな!という希望とともに、不安に思っていた点がいくつかあったので、比較した上で決めました。

 

学校選びで気になった点はこんなことでした

  1. 年齢。低すぎてついていけないと困る!
  2. 国籍比率。日本人30%前後がいい
  3. 1日8時間は勉強したい。スパルタかセミスパルタがいい
  4. 勉強方法から学び直したい
  5. 宿題が不安
  6. せっかくのセブだから、遊びも満喫したい
  7. ただし、放課後の遊びを断って後日誘われにくくなるなどは避けたい
  8. 日本人スタッフ常駐の学校に行きたい
  9. クリニックがあると嬉しい

上記の条件を考えながら、学校を比較しました。

そして、セミスパルタはここだけとご紹介いただき、さらに買い物のアクセスも良いので学校を決めました。


その結果大満足だったのですが、留学前に気になっていた点と、実際にどうだったのかを書きたいと思います。

実際どうだった?

⒈ 年齢。低すぎてついていけないと困る!

→ 大学生が多めですが、20~30代女性も多く、40歳くらいの方もいらっしゃり安心しました!

 

2. 国籍比率。日本人30%前後がいい。

→ 時期によるようですが、基本的にこの割合が確保されていたのでOKでした!

 
3. 1日8時間は勉強したい。スパルタかセミスパルタがいい。

→ 朝8時半~18時まで勉強!朝はテスト!宿題もあり!
むしろきつい時期もありましたがOK!

 

4. 勉強方法から学び直したい。

→ 自分から先生たちにどうしたらいい?と聞いてアドバイスをもらうようにしました。

 

5. 宿題が不安

→ きつかった時は、宿題欲しくない!と先生に頼みました笑 OK!

 

6. せっかくのセブだから、遊びも満喫したい。

→ 週末は近くの島に旅行に行きました!
ダイビングライセンスを取ってる友人もたくさんいました。

 

7. ただし、放課後の遊びを断って後日誘われにくくなるなどは避けたい

→ 実際、グループはありましたが、今日は勉強したい!今日は飲みに行きたい!
今日はモールに行こうなど自由に主張していたので、問題ありませんでした!

 

8. 日本人スタッフ常駐の学校に行きたい

→ 男性と女性のスタッフさんがおり、寮内に宿泊されていませんでしたが、毎日会えたので問題ありませんでした。

 

9. クリニックがあると嬉しい。

→ 休むと看護師さんから大丈夫?といった連絡が来ていたので、フォローはしっかりしていました。

 

留学前は色々悩みましたが、結果大満足です!

心が折れそうになったことも

留学中には心が折れてしまって、つい日本人と多く過ごしてしまいそうになこともありました。


そんな時は、当初の目的を思い出して他国の方と積極的にコミュニケーションを取るように心がけました。

 

先生との会話はフォローしてもらえるので良いのですが、海外の友人と話している時には、日本の友人とこれで合ってるよね?と確認したり、共有したりすることを意識して会話するようにしました。

 

勉強の仕方を教えあったり、様々な方法を試したりもしました。

 

また、先生とのコミュニケーションをしっかり取って、日本に帰ってからどんな会話を英語でできるようになりたいのかを意識しながら勉強しました。

 

その結果、特にTOEIC対策の勉強をしたわけではないのですが、3ヶ月でTOEIC275点から495点になりました。

 

セブ留学で多くの友人ができたので、帰国してからも継続して英語を使う機会を持てています。

 

近いレベルや同じ目的の方が集まっているので、みんな相手を理解しようとしていました。


間違っていてもとにかく話す!ことを恐れず頑張り続けたおかげだと思います。

 

(つづく)

Yukaさん、どうもありがとうございました!

留学中に落ち込んだ時は、つい日本人同士で固まりがちで、そのままずるずる過ごしがちなのですが、どんなことがあっても、前向きに乗り越えてこられたとこが素晴らしいと思いました!おつかれさまでした^^

留学の達人Hiroko

次回のYukaさんの体験談は、留学に持って行ってよかった持ち物をご紹介させていただきます!お楽しみに♪

Yukaさんの留学体験談ブログ バックナンバー

第1話 会社を辞めてセブ留学を決めた理由
第2話 エージェントと学校探し
第3話 3ヶ月でTOEIC220点アップ
第4話 食事や治安、放課後の過ごし方

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら