コロナでカナダ留学先を変更して出発。夢を諦めない!| Ayakaさん ビクトリア留学体験談

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験が誰かの力になれたらと思い、情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!留学サポートをしているHirokoです。今回は予定していたフィリピンやオーストラリアへの留学から、カナダ留学へ切り替えたAyakaさんの体験談をご紹介します。

留学サポート Hiroko

同じように悩んでる人へ、少しでも力になれたら

2020年3月のコロナの影響によるロックダウンや入国制限。
 

予定していた留学やワーホリが急に延期になってしまい、誰もが見えない未来に悩みました。
 

今回ご紹介させていただくAyakaさんもそのひとり。
 

フィリピンとオーストラリアの2カ国留学の出発準備中でしたが、気持ちを切り替えてカナダへ行くことを決められました。
 

同じように悩んでいる人の少しでも参考になれば、とご協力くださいましたので、ご紹介させていただきます。
 

留学レポーター Ayakaさんプロフィール

Ayakaさん
20代
留学先:カナダ(ビクトリア)
滞在:ホームステイ
期間:1年

※文中に入国後の隔離のお話がありますが、21年11月現在は解除されています。今後も状況が変わる可能性もありますので、ご渡航の際はあらかじめご確認されることをおすすめします。

カナダ留学を決めたきっかけ

予定していたフィリピン・オーストラリア留学が延期になり、いつ行ける状況になるかわからない状況になりました。
 

ひろこさんに紹介していただいたエージェントさんにお金のことや、やりたいことなどを相談した上で、カナダを薦めていただきました。
 

色々悩みましたが、今行けるカナダへ行くことを決めました。

 

留学延期!どうやって気持ちを切り替えた?

フィリピンやオーストラリアへの留学へ行く気満々で下調べを進めていたところでした。
 

行ったらやりたいこと、英語の勉強など、とにかく夢を見て期待して準備してたので、かなりショックでした。
 

専門学校を辞め、留学という道を選んで、必死に仕事をしてお金を貯めたので、お先真っ暗でした。
 

モチベーションが下がらないように、とにかく英語に触れるようにしました。
 

洋楽を聞いたり、留学や海外に関して発信しているYouTubeやインスタをひたすら見て、ワクワクできるようにしてました。

 

オンライン英会話で準備に励む

カナダへの留学前にフィリピンのオンライン英会話でマンツーマンレッスンを受けることにしました。
 

自分でも勉強はしていましたが、自分に甘く、やらないといけない環境に身を置かないとできないと思ったからです。
 

その時ちょうど体験レッスンのお話をいただいたので、始めることにしました。

画像はオンライン英会話のイメージです

 

オンライン英会話の効果

正直、英語力に自信なかったので不安でしたが、まず体験レッスンをやってみました。
 

私の英語レベルは簡単な言葉を並べるだけ(文法も合ってない)です。
 
しかし、先生は理解してくれて文章にしてくれたり、簡単な単語で説明してくれたので、正直びっくりしました!

 
授業を受ける期間や、1日のコマ数によって身につき方は変わると思いますが、わたしの場合は、3〜4ヶ月ゆるく受け続けるうちに効果を感じてきました
 

たとえば、先生との会話の中で、だんだんと頻出フレーズや日常会話で出てくる単語などが、スムーズに出てくるようになりました
 

1番成長したと感じたのは、英語を間違えたり、積極的に話すことを恐れなくなったことです!
 

とにかく思いついた単語をまず話して伝える、という努力が自然とできるようになりました。

 

カナダ入国後・隔離生活

バンクーバーのホテルで3日間の隔離

日本から出発して、カナダのバンクーバー空港に到着しました。
 
私が入国したときは、最初の3日間はホテル滞在が義務付けられていました。(※21年11月現在は免除)
 
どういう感じなのかと不安もありましたが、ご飯は美味しいし、部屋は広くて、のびのびと快適に過ごすことができました!

滞在していたホテル
ホテルの隔離中に支給されたごはん

 

ビクトリアのホームステイ先で2週間の隔離

3日間の隔離後は、留学先のビクトリアという都市に向かいます。

 
ビクトリアの空港からの移動中に街を眺めると、自然豊かでゆったり暮らせそうな雰囲気でわくわくしました。
 

人によって滞在方法は様々だと思いますが、わたしはホームステイを選択しました。

ホストファミリーの家へ移動して、さらに2週間の隔離をしました。(※21年11月現在は免除)

 
隔離はホストファミリーのRV(キャンピングカー)でした。

ホストファミリーのRV(キャンピングカー)

RV(キャンピングカー)には、様々なものを用意してくださっていました。

 
シャワーやトイレ、キッチン、ベッドなどはもちろん、自由に食べていいお菓子や冷蔵庫の食材もありました。

 
他には、調理器具やレンジ、トースター、映画のDVDなども一通り揃っていて、快適で贅沢な暮らしをさせてもらいました。(食事付きで申し込んだので、ご飯は3食作って持ってきてもらってます)

 

環境のよいビクトリアのホームステイ先

ホームステイ先には動物(犬4匹、猫1匹、鶏5羽、インコ)やルームメイト(メキシコ人と台湾人)がいます。

飼っている鶏が産んだ、とれたての卵もいただきました!

 
着いて1番びっくりしたのは、ご飯が美味しいこと!

 
水道水もそのまま飲めて、ビクトリアは住みやすくていい所だなと思いました。

 
ホストファミリーも留学生想いでやさしく、安心しました。

 

隔離後・ビクトリアの街へお出かけ

学校が始まるまで、ホストファミリーがお買い物やピクニックなど、いろんなところに連れて行ってくれました。

 
外は入場制限がかかってる場所もありましたが、芝生で外を楽しんでる人も多かったです。

スーパーで日用品のお買い物

ピクニックへお出かけ

 

また、ルームメイトに観光スポットへ連れ出してくれました!

 

刺激的なカナダ留学の授業

語学学校の授業は隔離中から、オンラインでスタートしました。

 
出発前に習っていたフィリピンのオンライン英会話の授業が生きている!と感じました。

 
間違えを恐れずに発言ができるし、授業を受ける上で必要なフレーズなども使えています。

 
なによりもリスニング力が上がったことを実感しました。
 

日本で自分だけで勉強していた頃より、だいぶ英語が聞き取れるようになっていることに驚きました!

 

向上心が刺激される環境

同じコースの人は英語レベル関係なく同じクラスを受けているので、高いレベルの人と一緒にいると、なかなかついて行くの大変なときもあります。

 
だけど、高いレベルの人と一緒にいるとやらないとと自然と意識も高まるのでいい刺激になっています!

 
あの時、オンライン授業をすすめていただいて本当によかったです。

 

これからやりたいこと

英語はもちろん、人とのコミュニケーション、カナダでしかできないことなど沢山の経験を積み、後悔のないように生きたいです。

 
今がんばって自分のやりたいことして生きていきたいと思っています。

 
英語+‪αを身につけて、日本に帰ったら子供たちに英語を教えたい夢もあります。

 
そのためにTESOLやJ-Shineの取得を考えています。

この状況で沢山悩んで、さらに先が見えなくて大変な思いされてる方も多いと思います。

 
わたしもその1人でしたが、体験談を書くことで少しでも力になれたらと思います。

 
今、コロナで迷ってる方がいたら、ぜひ1歩踏み出してほしいです

 
ビクトリアはバスやお店などでマスクつけるのは徹底していて、留学生も無料でワクチンが打てます。


この経験を無駄にしないように、しっかり頑張ってきます!

 

(おわり)

 

留学サポートをさせていただいたHirokoより

Ayakaさん、ありがとうございました!突然の進路変更で、色々悩まれたと思いますが、夢を諦めずにチャレンジした勇気や行動力が素晴らしいです。文章から想いや情熱が伝わってきました。出発前にオンライン英会話で準備していたのでスムーズに始められてよかったですね。ホストファミリーにも恵まれて楽しそうです^^
Ayakaさんの前向きな姿勢にわたしも勇気をいただきました。これからも夢に向かってがんばってくださいね!またお話が伺えることを楽しみにしてます。

留学サポート Hiroko

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験が誰かの力になれたらと思い、情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら