2018/11/07

先生が何を言っているかわからない!| 初心者からTOEIC 665点までの道のり 【セブ留学体験談ブログ】NATSUKIさん編 #2

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!今回は半年間のセブ留学の体験談、第2話をお届けいたします。最初は大学受験の失敗がきっかけだったそうですが、セブで新しい夢を見つけられました。これから留学へ行きたい、道を探している方のご参考になりましたら幸いです^^

留学の達人Hiroko

留学レポーター

NATSUKIさん
19歳
期間:セブ24週間(6ヶ月)
語学学校:CIA インテンシブESLコース・TOEICコース・IELTSコース
お部屋:2人部屋+3人部屋
英語レベル:初心者レベル→TOEIC 665点・IELTS 5.5までアップ

授業は平日の朝8時から18時まで

1日のスケジュール

授業のスケジュールの例をご紹介します。毎日8時くらいから18時まで授業です。
具体的には、単語テスト(月曜〜木曜)・授業が50分×8コマ・自習が2コマが1日のスケジュールになります。金曜日は短縮授業になるので17時過ぎに終わり、単語テストもありません。

先生が何を言っているのか理解できない!

英語の授業がスタート

レッスンはもちろん英語で行われます。英語で英語を習うのは人生で初めてのことです。初めての授業は先生が何を言っているのか… まったく理解ができませんでした!
 
わからなくても何と英語で質問をしたら良いのかもわからなくて… 本当に困ってしまいました。
 
 
先生はわからない私を気遣ってくれたり、辞書で調べたりして時間がかかってもじっと待っていてくれました。
 
また、学校スタッフの方も「困っていることはありませんか」といつも声をかけてくださいました。沢山の先生、スタッフさんの温かさに助けられながらのスタートでした。
 

マンツーマン授業

会話が続かなくなって申し訳なく感じることもあったのですが、先生がとてもポジティブだったので段々気にならなくなりました。
 
「It’s OK!」とか「Don’t be shy!」などと励ましてくれたり、先生自身も楽しみながら授業をしてくれたことがありがたかったです。
 
 
授業はマンツーマン授業が5時間、グループ授業が3時間、他に自習が2時間。さらに毎朝単語テストがありました。
 
最初はついて行けるのかとても不安でしたが、今思えば毎日あれだけ勉強をするわけですから、嫌でもできるようになるので、そこまで心配しなくてもよかったなと思います。
 

先生と仲良くなるほど英語が弾んできた

数週間経って、だんだん英語に慣れてきました。
そして先生とは色々な話をするようになり、先生対生徒ではなく、友達のような感じにもなりました。
 

授業の後に一緒にご飯を食べたり、遅くまで色々なお話をしたり… そんな時間が好きで、貴重な経験になったと思います。

また、時々宿題を出されることもありましたが、負担ではなくて、前向きに取り組むことができました。平日はほとんど勉強をしていたように思います。
 

グループ授業

初めは周りの生徒についていく自信がなくて、グループ授業に対して苦手意識や拒否感がありました。
 
そんな時に色々な不安や悩みをシェアすることがあったのですが、「みんな同じ気持ちなんだ」と知ることができて、とても気持ちが楽になりました。
 
 
クラスメイトから学ぶことが多くあることに気づいたり、答えに詰まった時など助けてくれることもあって、結果的にはグループ授業の時間が楽しみになりました。

グループ授業で顔を合わせるクラスメイトとは仲良くなりやすかったので、休日一緒に出かけたり夕食を一緒に食べに出かけたりすることがよくありました。
 
 
同じ週に入学するバッチメイトは段々卒業してしまって、友達が減ってしまうので、グループ授業の存在はありがたかったです。

初めの頃は想像ができなかったのですが、留学の後半は日本人は私1人だけで、周りに違う国籍の友達がいるという環境が気づいたらできていました。
それに気づいた時に、英語を話すことに自信がついたのだなと自覚しました!
 

6ヶ月留学のコース選び

今回の留学では机に向かうだけでなくて、様々な国の人と話したり交流も積極的にすることも目的にしていました。
 
そのため留学中はレベルチェックテストの結果に一喜一憂することもありませんでした。しかし、最終的には自分の目標を達成することができました。
 
 
 
 
6ヶ月の留学期間は長いので、コースをどのように選ぶのか悩みました。
 
どのくらい上達するのかわからなかったのと、現地で変更できると聞いていたので、一旦一般英語コースで申し込みをして、進み具合を見ながら留学中にコースを変更することにしました。私が6ヶ月で受けたコースをご紹介します。
 

① 3ヶ月 一般英語コース
(初心者→TOEIC 540点へ)

最初の3ヶ月は一般英語のコースにしました。
3ヶ月でTOEICのスコアが540点まで上達することができました!
 

② 1ヶ月半 TOEICコース
(TOEIC 540点→665点へ)

そこで英語力を高めるためにTOEICコースに変更して、1ヶ月半受けました。スコアは1ヶ月で665点まで125点ほど上げることができました!
 
TOEIC担当の先生はレベルが高くて、点数の取り方をしっかり教えてもらえるので効率的に勉強ができました。
 
しかし、TOEICの特徴が読み書きが中心で、ひたすら書き取りを行う授業だったりもします。そうすると必然的に英語で話す時間が少なくなるので、スピーキング力は段々落ちてきました。
 

③ 1ヶ月半 IELTSコース
(IELTS 4.5→5.5へ)

そして、最後の1ヶ月半はIELTSコースに変更して、スピーキングやボキャブラリーを徹底的に伸ばしました。スコアは4.5から5.5まで上げることができました。
 
結果的に卒業の直前に受けた学校のIELTSのテストで校内で1位を取ることができました!
 
 
次回は寮や学生生活についてお話させていただきます!
 
(つづく)
 
▼次回のレポートはこちら

多国籍の友だちとの出会いで考え方が変わった! | ルームメイトとの相部屋生活や食事・持ち物・治安・観光まで【セブ留学体験談ブログ】NATSUKIさん編 #3

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら