2018/07/09

セブ→ マルタ留学で英語レベルが下がる!?個人主義と集団主義【教えて!マルタ留学】おすすめ語学学校IELS日本人スタッフ江川さんとの対話より

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは〜!イングリッシュバードの小野里です。今日まで東京に来ています。

留学の達人Hiroko

セブ&マルタ留学個別相談会 in 東京

東京は月に1回程度来ていて、個別の留学相談会などを開催しています。
今回は関東近郊の6名の方がお越しくださいました。どうもありがとうございました!^^
(個別相談会はインスタなどで告知しておりますので、ご興味ある方はチェックされてみてください♪オンラインでは日本中・世界中から365日対応させていただいてます)

マルタIELS校の日本人マネージャーとミーティング

今回は、年に2回だけ日本にいらっしゃる、マルタの語学学校IELSの日本人マネージャーの江川さんにもお会いすることができました^^

マルタのスリーマという海やモールも近いショッピングタウンにある学校です。(日本で言うと横浜のようなイメージです)ゴゾ島にもキャンパスがあります。

IELS, Mattew Pulis Street , Sliema SLM 3052, Malta

 
 

江川さんはマルタ歴9年のベテラン日本人スタッフです。
もともとはイギリスに住まれていて、貿易関連の仕事をされていたそうです。マルタ校では日本人の留学生のサポートをしてくださっています。

初日のオリエンテーションは英語で行われますが、日本人の生徒さんがいらっしゃる際は挨拶をされるそうです。オリエンテーションの合間だとなかなかゆっくりお話ができないときもあるとのことで、学習やマルタ滞在の相談はもちろんのこと、雑談にもぜひ気軽に来てくださいとおっしゃっていましたので、ぜひ訪ねてみられてくだい^^

江川さんとは最新の学校についてのお話はもちろんのこと、マルタの近況やビザのことなどお話をさせていただきました。その中で盛り上がったお話の一部を紹介させていただきます。

え、セブの英語が通じない!?

これはIELS校に限らず、マルタにも限らず、セブ留学の後の2ヶ国留学やワーホリに行かれた際によく聞くお話なので、2カ国目を考えている方のご参考になればと思います。だからこそチャレンジのしがいがあるとポジティブに捉えていただいたり、こんな話もあるんだ〜と思っていただけましたら幸いです。

セブ留学からマルタ留学へ行く生徒さんも多くなりましたが、セブとマルタって同じ留学でもまったく異なるんです。それは、グループレッスンが多いとか、日本人が少ないとか色々ありますが、最大の違いはマインドです。

セブ(フィリピン)の留学で中級レベルでもマルタで初級からスタート!?

これは私自身も失敗したな〜と思っていることのひとつなので、思わず深く頷いてしまったお話です…

フィリピン人の先生は、献身的な性格の方が多いです。
そのため、一生懸命教えてくれるし、聞き取る努力をしてくださるので、英語ゼロの初心者には特にぴったりだと思います。例えアルファベットがわからなくても、話せるようになるまで伸ばしてくれるのがセブ留学の魅力だと思います。

特にマンツーマンレッスンで体感するのですが、だんだん先生と「あうんの呼吸」で会話ができるようになってきます。それで「私って英語が超できるようになった!!」と思ってしまうんです。実際に、学校の外へ行っても通じるようになって自信も付いてくることと思います。TOEICやレベルチェックテストでもだいぶ成績が上がるのではと思います。

もちろん、スタート時に比べたら上達していることには間違いないのですが…あくまでアジアの中で、なのです。

…ごめんなさい。いま、留学中の方やこれから留学に行きたい方はショックを受けられているかもしれません。だけど、本当のことなので、続けますね。

アジアで生活する分にはいいんです!ちょっと会話したり、旅行で使う分には。
英語ゼロからそこまで伸びるってすごいことな訳ですから!そこまで底上げしてくれる場所はフィリピンしかありません。

ところが…欧米に行くと、今までと同じように話しているのに通じない、うまくコミュニケーションが取れない!ということに出くわすのです。

それは、アメリカ英語/イギリス英語の違いもありますが、アジア人と欧米人とは根本的に考え方が違う」からなのです。

アジアは集団主義、欧米は個人主義

セブおよび、アジアの多くの国は「集団主義」で助け合う文化や教育なのですが、マルタなどの欧米は「個人主義」のため根本的に考え方が違うので、そもそもの発想や使う英語が違うんです。

「あうんの呼吸」はなく、「空気を読む」こともありません。

とくにヨーロッパでは自立し、お互いを尊重する文化なので「私はこう思う、あなたはどう思う?」この繰り返しになり、常に自分の考えや意思を主張することが必要になります。そのため、同じアジアだからこそ通じていた感覚は全くなくなり、これまで話してこなかったようなパターンで会話が繰り広げられるわけです。

TOEICの点数は関係ない、真のコミュニケーション

セブで「私はできる」と思った留学生の中には、この壁にぶつかる方もいらっしゃいます。
TOEICがいくら満点でも、世界のコミュニケーションは違うのです。

自信を失いそうになることもあるかもしれませんが、これこそがアジアを経て欧米生活にチャレンジする醍醐味であり、インターナショナルな人間になるための通過点と思います。とくに海外で働きたい人や英語を強みにして仕事をしていきたい人には、できれば体験して知っておかれると心構えになると思います

何より私自身が洗礼を受け、反省をしました。セブの留学の後に語学学校は、アメリカやイギリス、そしてマルタなどへ行きましたが、そもそもの考え方が違うので、マインドを理解するまでに時間がかかりました!いかに今までアジア生活に甘えていたのか…痛感したのです。

それってセブに行くのが無駄じゃないの?

ここまで読まれてそのように思う方がいらっしゃいましたら、全力で否定をさせていただきます!

特に英語ゼロの方は…(私もそうでした)

こちらも欧米系、とくにヨーロッパからの留学生が多いマルタの語学学校とのミーティングで話題になることなのですが、本当に英語ゼロから来たらもったいないです。(観光感覚ならOK)

もちろん英語ゼロでも留学の申し込みはできますが、前述したようにヨーロピアンは「個人主義」「自立」しているので、興味や目的意識がはっきりしている方が多いし、彼らも英語の上達やコミュニケーションをしたくて来ているんですよね。もし自分がヨーロピアンの留学生だったら、英語ゼロの東洋の端の国から来て、わからないと笑ってごまかす日本人と積極的に仲良くなりたいと思いますか…?

留学生活は努力すればするほど、楽しい世界が広がります。すべて自分次第です。
留学前に勉強している方は、未来のご自身を励みにがんばってくださいね^^

まとめ

  • セブ留学は「アジアの集団主義」思考の世界での英語が学べる
  • マルタおよび欧米留学は「個人主義」思考での英語が必要となる
  • 双方は異なるので、セブ→ マルタへ行かれた最初は英語の壁に当たる場合もある
  • 自分がどこを目指すのかが大切

マルタや欧米の様々な学校のスタッフとのミーティングの中で、この「セブより英語レベルが下がる」というお話を耳にする機会が多くあり、よくよく考えてこの結論になりました。セブが上とか下とか、良い悪いではなく、「種類が違う」と考えていただけたらと思います。

セブで終わっていいのかな?と迷われている方や、マルタで洗礼を受けて落ち込んだ!という方がいらっしゃいましたら・・・ご参考になれば幸いです^^

私は世界のどこでも楽しく旅行や仕事、生活ができるようになるのが理想なので、セブからマルタなどの欧米にチャレンジして本当に良かったです!まだまだ勉強中ですので、一緒に世界へチャレンジしていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら