スーパーでお買い物?両替の費用やレートは? | スパルタ留学の初日の様子をすべて教えます!【セブ韓国系スパルタ英語学校リアル体験談ブログ】#3

 

この記事を書いている人 - WRITER -
“女性目線”のセブ&マルタ留学情報編集長。 31歳で会社を辞めて英語ゼロからのセブ留学に挑戦! トラブルや失敗を乗り越えて、人生を切り拓いた感動を元に、これまで1,000名以上の留学サポートをさせていただきました。留学で人生の可能性を拡げたい方のためのセブ&マルタ留学の達人です。留学で人生を変えちゃいましょう!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!今回は私の体験談をレポートさせていただきます。なんと、スパルタ式の語学学校の留学にチャレンジしてきました!

留学の達人Hiroko

初日の様子・オリエンテーションの後はモールへ!

前回の記事:レベルチェックテストで怒られる!? | スパルタ留学の初日の様子

午前中のオリエンテーションやレベルチェックテストを終えた後は、ショッピングモールへ両替と日用品のお買い物です!

初めて来た国で買い物、できますか?

海外で買い物って緊張しませんか?海外のお金自体数え慣れてないし、商品は英語だし、何を選んでいいのかわからない…

スタッフと一緒に行けるから安心

買い物はもちろん学校スタッフが一緒に連れて行ってくれるので安心です。

学校の送迎車に乗り合ってモールへ向かいました。とっても良心的な学校で比較的両替のレートが良いモールに連れて行ってくれました。

注:「ガイサノ」系のスーパーやモールはレートが悪いのでおすすめしません。私が6年前に通っていた学校はなんとガイサノ!まとめて両替をしたのでもったいなかったです。もしガイサノ系に連れて行かれた場合は両替は小額をおすすめします

まずは日本円→フィリピンペソへ両替をしてみよう!

セブでは大抵のモールに両替所が入っていて、簡単に行うことができます。

この日のレートは1ペソ=0.4720円。
1万円を両替すると、4,720ペソもらえることになります。まあまあのレートです。

学校へ戻った後にビザ代などの現地費用の支払いがあるので、そちらの分+当面のお小遣いを両替します。持ってきたお金は全部一気に両替をせずに、余ることも想定して少しづつするのが良いです。また、フィリピンペソを受け取ったら、その場で金額が正しいのか念のため確認します。

ポイント:1万円札以外のお札があると便利!

両替は紙幣であれば、1万円札以外にも5千円札・千円札も両替できます。

最初は学校への支払いがあるので1万円札で両替をすると思いますが、少しずつ両替をした方が便利なこともあるので、5千円札や千円札も多めに持っていくことをおすすめします。

例えば帰国間近の時や、為替レートが悪い場所で両替をしないとならない時などがある時に重宝します。

現地購入をおすすめするもの

両替が終わった後はお買い物です。買い物はまた行くこともできますので、現地で当面必要なものを買います。

日本でおなじみのお菓子も売っていました!

洗剤は液体タイプがおすすめ

洗剤は海外の粉石鹸は水に溶けづらいようなので、液体タイプがおすすめです。小分けタイプもあるので、短期留学の方は重宝しますね。

今回の学校は洗濯機置場があって、無料で使える洗剤(粉)があるので、洗剤は購入せずに使い心地を試してみようと思います。

お買い物の時間は1時間くらいでした。

どんなものを買った?

ここで現地で買うといいもの(日本から持っていかなくてもいいもの)と、私が買ったものをご紹介します!

現地で購入するといいもの

  • トイレットペーパー(セブはトイレにティッシュがない文化です)
  • 卓上ティッシュ(お部屋に置きたい)
  • ウェットティッシュ(外出時など)
  • シャンプー・ボディソープ・ハンドソープ類(パンテーンやダブなど売ってます)
  • チョコレート(勉強したら甘いもの食べたくなるかも!?)

その他

  • カップラーメン(学食が口に合わなかった時&おやつ用。男の子は割と買い込んでいる様子でした)
  • 足拭きマット(シャワー浴びた後に使いたいみたい。私はマットがしっとりするのが好きではないので買いませんでした)
  • タコ足の洗濯物干し(ハンガーは学校でもらえてベランダに干せますが、下着類はお部屋に干します。私は日本の100円ショップで買ったものを持参しました) 
  • コップ洗浄用のスポンジと食器洗剤(タンブラーの洗浄は各自お部屋の水道で行います。細長いボトルが洗える柄付きのスポンジは、スーパーによっては売ってなかったりするので、日本から持っていくといいかもしれません)

ペーパーやお菓子、カップラーメンは学校の売店にも売っています。ドライヤーを買うこともできますが、フィリピンでしか使えないので、できれば日本から世界対応のドライヤーを持っていくことをおすすめします。アマゾンなどでお手頃なものが売っています^^

私が初日に購入したもの

左上から時計回り
トイレットペーパー  60ペソ(約130円)
今回は1週間滞在なので、4ロールのものにしました。

チョコーレート  90ペソ(約200円)
溶けても大丈夫な小分けタイプで授業に持参します。

スナック菓子  2つで約150ペソ(約330円)
自分で食べてもいいし、ルームメイトと食べてもいいかなと。

ヘアオイル  90ペソ(約200円)
髪の毛を乾かす前につけるとサラサラになります!
ドライヤーも持参していますが、暑いし乾きやすいので、自然乾燥でこれをつけています。

クレンジング  150ペソ(約330円)
日本から持ってきたまつエク用のクレンジングを紛失してしまって涙
フィリピンにあるのか心配だったのですが、ありました!洗い心地が良くて逆に気に入ってます。

ボディソープ&シャンプー  各105ペソ程度(約230円)
1週間なので小さめで手頃でケミカルぽくなくて、少しでも快適に過ごしたいのでボトルがおしゃれなものを見つけました。

計855ペソ(約1,800円)でした。

そして学校へ帰ると、いよいよレベルチェックのテストの結果が発表されます…!

(つづく)

バックナンバー

セブ空港に着いてから語学学校までの行き方 | 到着日って何をするの?【セブ韓国系スパルタ英語学校リアル体験談ブログ】#1

レベルチェックテストで怒られる!? | スパルタ留学の初日の様子をすべて教えます!【セブ韓国系スパルタ英語学校リアル体験談ブログ】#2

この記事を書いている人 - WRITER -
“女性目線”のセブ&マルタ留学情報編集長。 31歳で会社を辞めて英語ゼロからのセブ留学に挑戦! トラブルや失敗を乗り越えて、人生を切り拓いた感動を元に、これまで1,000名以上の留学サポートをさせていただきました。留学で人生の可能性を拡げたい方のためのセブ&マルタ留学の達人です。留学で人生を変えちゃいましょう!
詳しいプロフィールはこちら