マルタってどんな国?歴史と観光スポット編【教えて!マルタ留学 #2 】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら

マルタってどんな国?

みなさ〜ん!お待たせしました〜!!マルタ初心者におすすめ情報満載の「教えてマルタ留学!」の時間ですよ〜!

留学の達人Hiroko

前回は「マルタってイタリアじゃないの!?」をテーマに、国情報をお伝えさせていただきました^^

マルタってイタリアじゃないの!?【教えて!マルタ留学 #1 】

国名: マルタ共和国

首都: ヴァレッタ(世界遺産)

時差: 7時間~8時間

公用語: 英語・マルタ語・イタリア語(1964年まで164年間英国の統治下、地中海唯一の英語圏)

宗教: ローマンカトリック

人口: 42万人(観光客年間160万人)

総面積:316㎢(東京23区の半分、淡路島とほぼ同じ)

通貨: ユーロ(1ユーロ=約140円)

気候:地中海性気候(冬は温暖で雨が多く、夏は高温で乾燥)11月~4月は平均気温14度、5月~10月は平均気温23

今回は首都のヴァレッタと、かつての首都イムディーナを中心に、マルタの歴史や観光スポットについてご紹介させていただきたいと思います!

 

マルタは世界遺産の宝庫!?

マルタは7,000年以上の歴史・神秘的で世界遺産の宝庫といわれるほど、その歴史の深さが注目される場所です。

マルタに人々が生活し始めたのは7,000年以上前

紀元前の新石器時代(日本では縄文時代や弥生時代)から人類が生活していたと言われています。

イタリアのシチリア島から人々が移り住んだと言われていて、農耕道具などが運ばれてきました。

当時は洞窟で生活していたといわれていて、東部のビルゼブジャ近郊に残る「アール・ダラム洞窟」では、約7,400年前のマルタ最古とされる人々の居住した痕跡を見ることができます。

 

7,000年以上前の場所が今も残るとは、すごいですね!

留学の達人Hiroko

 

その後、石を使った技術が発展して、紀元前3,500年頃・・・今から約5,500年前に様々な神殿が建てられていきました。

「マルタストーン」といわれる蜂蜜色の石灰岩を使ったものですが、石の技術がどこからもたらされたかは明らかになっていないそうです。

今もなお、島のあちこちに巨石神殿など巨石文明の跡が残っていて、有名な観光スポットとなっています。

 

どーん!
紀元前3,500年前のハジャーイム遺跡!

 

(マルタ留学に行かれた方からご提供いただきました。ありがとうございます!)

マルタにはあちこちに神殿ありますが、各地の神殿で祭事を行うことで、集落同士の争いごとがなく、平和に暮らしていたといわれています。

日本にいると、巨石建物は特別な観光スポットに行かないと見れないし、近づけないイメージの方も多いと思いますが、マルタではごく当たり前に街に馴染んでいるんです。

歴史とともに生きる国。

それは、町も!

次は町ごと丸ごと世界遺産の町をご紹介します。

 

首都ヴァレッタは、町ごと世界遺産!

こちら!

テーマパークではなくて・・・首都の入り口です。笑

首都ですよ、首都!

日本の首都は、東京!

フランスの首都は、パリ!

マルタの首都は、ヴァレッタ!

 

どどーん!

こちらも首都ヴァレッタの入り口です!

ディズニーランドではありません

 

なんと、町が丸ごと世界遺産なんです。

信じられますか!?町ごと、ですよ!

 

世界遺産に座って本を読んでもOK!

留学の達人Hiroko

 

座ってもOK!

マルタは世界遺産とともに住む国なのです。

もちろんショッピングや食事もできます♪

 

青空に映える大聖堂!

マルタを統治していた騎士修道会であるマルタ騎士団は、首都ヴァレッタを中心に様々な重要な建築物を建造していきました。

聖ヨハネ大聖堂

その時代を代表する建物の1つは、1577年に騎士団がその名前を冠したキリストの授洗礼者、聖ヨハネを称えるために建てた「聖ヨハネ大聖堂(St John’s Co-Cathedral)」

ヴァレッタの街の中にありますので、アクセス◎です。

修復中でした^^

外観はマルタ島産の石灰岩を使用したマルタストーンが使われています。

 

聖堂の内部

内装はバロック様式で、マルタ騎士団員で画家のマッティア・プレッティが中心となって描かれました。

プレッティは精巧に刻まれた石の壁を設計し、天井や祭壇の両側は、聖ヨハネの生涯を描いた絵画で埋めつくされています。

 

静寂の町 イムディーナ

ヴァレッタが築かれる前のマルタの首都だったイムディーナ。

中世の狭い静かな通りを持つ城塞都市です。

首都の移動に伴い人が少なくなり「静寂の町」と呼ばれるようになりました。

城壁に囲まれた面積は8万㎡弱で、東京ドームの2倍弱。

住民の数は、わずか278人ほど(2005年時点)という小さな町です。

中世の趣を色濃く残す古都イムディーナの見どころの1つも聖堂です。

聖パウロ聖堂

聖パウロ聖堂は、イムディーナ最大の広場前に建ち、町の目印となっています。

こちらも欠かせない観光スポットです。

 

バロック様式やノルマン建築などの個人の邸宅や教会が混ざり合って残っています。

中世の歴史を感じる狭い通りには、素敵なカフェやレストランがあって、散歩も楽しめます♪

 

 

「あ〜ワイン飲みたい!」とみんなで言いながら観光しました。笑

(ブラジルとカナダの留学エージェントの友人たちと♪)

 

私も書きながら、また飲みたく行きたくなってしまいました!

 

学生時代は世界史が大の苦手だったのですが、今となっては学びたくて仕方ありません。

マルタの歴史はまだまだ書きたいことが沢山あるので、またの機会に掘り下げてみたいと思います^^

 

次回が待てない!早く知りたい方は動画もご覧ください♪

留学の達人Hiroko

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら