2019/08/27

なりたい自分になるために。新卒で働いていた会社を辞めて5ヶ月留学 | YUKOさん セブ留学体験談 #1

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!今回は仕事を辞めてセブ留学にチャレンジされたYukoさんの体験談の第1話をご紹介します。

留学の達人Hiroko

 

留学レポーター

YUKOさん
20代
20週間(5ヶ月)
語学学校:CIA
一般英語コース+試験対策コース
2人部屋+3人部屋
英語レベル:初級
 

留学に行こうと思ったきっかけ

元々海外留学は学生の時から興味がありましたが、なかなか一歩が踏み出せなくて、そのまま社会人になりました。

将来は海外を相手に仕事をすることを目標にしていたので、グローバルに事業を展開する会社へ就職しました。英語は初心者レベルだったにも関わらず…

 

英語環境の職場

就職先では研修の時点から英語がふんだんに組み込まれ、プレゼンや質疑応答もなんと英語!

130人いる同期は帰国子女や、ネイティブな英語を話す仲間たちばかり。英語嫌いな私は、その時点でだいぶ同期とのギャップにショックを受けました。

就職してはじめの2年は現場監督として荷役の指揮を取っていたため、業務でそこまで英語を使うことはありませんでした。その後異動があり、現場監督から貿易の書類作成の仕事に仕事内容がシフトし、英語を使うことが急に増えてきました。

 

英語コンプレックスに悩む

このままではなりたい自分になれないどころか、業務でみんなに迷惑をかけてしまうように感じて焦る日々。

働きながら英語の勉強は続けていたものの、”やっても自分じゃ伸びない” ”自分は英語を身につけられない”と、とてもマイナス思考になりながら勉強をしていたため、全く身につきません。

英語ができないコンプレックスと、やりたいことがあるのに日常に流されて、時間だけが過ぎる日々に悶々とするようになりました。

そして本気で留学を考えるようになりました。仕事を辞めることに対しては… もちろん、不安しかなかったので迷いました!

 

新卒で3年働いた会社を辞める

そんなある日、上司と他愛もない話をしていた時に、思い切って留学に行きたいことを話してみました。どんな風に言われるのかドキドキしましたが、留学経験のあった上司は思いがけず大賛成!

もちろん、私が抜けた穴を考えると、元々人員の少なかった私の部署はよりハードになり、個人の負担が増えることは見えていたはずですが、「やりたいことがあるならその道を進みなさい」と背中を押してくれました。

 

理想の自分になりたい

会社を辞めることへの不安はとても大きかったものの、自分の可能性と、こうなりたいと描いていた理想の方が断然大きく、このまま行動を起こさずに迎える10年後、20年後の不安の方がより大きいと思ったことが勇気となり、決断しました。

 

留学エージェントを選んだ理由

実は私は、一度違うエージェントから他の学校へ申し込みをしていて、あとは出発を待つのみの状態だったんです。

そんなある日、インスタグラムで小野里さんのページを拝見して、興味を持って、ホームページにも飛びました。

文面から人柄を知り、留学をされた方々のお話などを読み、留学は小野里さん経由で行きたい…と強い気持ちが芽生えました。

 

申し込み直すことを決めた

そして問い合わせをしてみたところ、メッセージの丁寧さや、レスポンスの速さから信頼度が増し、既に手続き済みのエージェントをお断りして、学校選びからお願いすることにしました。

小野里さん自身が、テレビ電話や直接面談をされ、留学を希望する方々に親身になってくださるところも、信頼度に繋がったと思います。他社は生産性重視、小野里さんは各留学生の充実度を重視されてるように見えましたので、お願いしてよかったです。

お話する中で、英語に関しての恐怖を消してくださいましたし、夢だった留学が楽しみで仕方なく、出発日を心待ちにできるようになりました!

 

学校を選んだ理由

私の希望を伝えると、2つの学校をオススメくださいました。そのうち、周辺環境や食事や先生方のお話なども聞き、ある程度気分転換もできる学校がいいと思いました。

色々なお話や、メールのやり取りをする中で、私にとってより良い学校を示唆してくださったことがわかったので、それが決め手となり、学校を決めることができました。

 

行く前の英語レベル

行く前の英語レベルは、どれだけ頑張ってもTOEIC 365点しかとれませんでした。心から底辺人間だと思い落ち込みました。

しかし、小野里さんと初めてお話しさせていただいた時に、私の笑えるくらい低いTOEICの点数を伝えると「ご自身が思われてるほど、低くないですよ!むしろ高いほうじゃないですか?」と言ってくださったんです。

本当に自分の英語レベルを気にしていたので、それを聞いた時にあまりの嬉しさに泣きそうになったのを今でも覚えています。

私が英語に対して少しポジティブになれた瞬間でした。

 

留学でのゴール

留学のゴールとしては、仕事で使えるくらいに英語を身につけられたらベスト!と思っていました。

しかし、現実的には英語自体が本当に苦手だったので、まず好きになること、また海外の人とコミュニケーションを取れることを目的として出発しました!

次回は留学中の様子についてお話しさせていただきます。

(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら