2週間留学でも成長できる! | いつか英語が話せるようになりたい夢へのチャレンジ【セブ留学体験談ブログ】NAOMIさん編 #1

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!今回は2週間のセブ留学にチャレンジされたNAOMIさんの体験談をお届けします。「留学期間が短くても大丈夫かな」と思う方のご参考になりましたら幸いです。

留学の達人Hiroko

留学レポーター

NAOMIさん
30代 
2週間
語学学校:CIA
一般英語コース(マンツーマン6コマ+グループ2コマ+自習2コマ)
ホテル寮1人部屋
英語レベル:初級
 

長年勤めた会社を退職したのがきっかけ

小学生の頃から、いつか英語が話せるようになりたいと思っていました。

何度も挫折した

「英語が話せる人はカッコいいな」とか、「海外旅行先で外国人と会話ができるようになりたい」と思って、学生時代には留学又はワーキングホリデーに行きたいと思っていたり、就職後に英会話教室にも通いました。しかし、英語を学ぶ目的が明確になっていなかったからか挫折してしまいました。

そして、今回長年働いた会社の退職をきっかけに、留学に行くことを決意しました。

外国人と話すのが怖かった

英語のレベルは初心者レベルです。

英語を話せるようになりたい気持ちはあっても、外国人を目の前にすると怖くなってしまって避けていました。その恐怖感を克服し、少しでもスムーズに留学ができるように、留学の2か月前から日本の英会話教室に通って準備をしました。

エージェントと語学学校を選んだ理由

まず、エージェントは小野里さんが現地の情報に詳しく、また信頼できる方だからです。

学校はエージェントの小野里さんのオススメであったこともあり、セミスパルタ式の学校を選択しました。

なぜならば、留学の目的は英語を学ぶことなので、英語に集中できる厳しめの環境が整った学校だったからです。他にも学校の評判や、セミスパルタ的な学校であること、マンツーマン授業の時間が多いこと、時間中は母国語禁止であること、学校から宿が近いことも決め手になりました。

実際に授業を受けてみて

まず初日に、レベルテストとオリエンテーションが行われます。

レベルテストに応じてクラスと講師が決まります。授業は1日10コマあります。(1コマ50分)マンツーマンが6コマ、グループが2コマ、自習が2コマありました。

はじめは何もわからなかった

マンツーマンは、読み、書き、聞き×2コマ、話し×2コマです。各コマごとに講師は異なります。初日は自己紹介から始まりますが、2日目からは各テキストに沿って授業が進みます。

はじめは講師が何を話しているのかまったく意味が理解できませんでしたが、次第に言っている意味がわかるようになりました。

わからないことは都度調べた

また、わからない単語については、意味を聞いて教えていただいたり、それでもわからない場合は電子辞書を使用してもよいかを確認して調べるようにしました。厳しめに指導してくださる講師を希望したおかげで、どの講師も一生懸命に教えてくださいました。

だんだん英語学習が楽しくなってきた

時には落ち込むこともありましたが、そんな時は寄り添ってくれたり、時にはフレンドリーに接してくれたり… 2週間後にはすっかり講師と仲良くなっていました。

自分の英語のレベルの低さにがっかりすることもありましたが、そんなときほど、復習や予習をして授業に臨むようにしました。その繰り返しですが、次第に英語の学習が楽しくなりました。

グループレッスンでは、様々な国籍の方との交流やゲーム形式の授業があって楽しかったです。

毎朝の単語テストは満点を目指した

学校は毎朝、単語のテストがあります。点数が低ければペナルティとして外出禁止となります。10問中、7問以上正解すればよいのですが、合格点を目指すのではなく満点を目指して頑張りました。

毎朝の単語のテストの点数一覧が午後に掲示されるのでドキドキしながら自分の点数を見ましたが、満点取れたときは大変嬉しくモチベーションがあがりました。

英作文の課題は勉強になった

ハードではありましたが、細かいところまで講師がフィードバックをくれるのでとても勉強になりました。

2週間の留学で感じた変化

2週間の留学は非常に短い期間かもしれませんが、変化を感じることができました。

恐怖心がなくなった

例えば外国人と対面する恐怖感が緩和されたことや、耳が英語に慣れてきたこと、簡単な単語やフレーズを使って会話を続けようという意欲が湧いてきたことです。さらには、洋楽や洋画も見たくなってきました。

自分に合う勉強の仕方がわかった

また、これから英語の学習をする際に、文法の基本形と知っている単語を増やしていこうという勉強の仕方が見えてきたことです。

英語が話せるようになるためには継続こそが大切なので、帰国してからも継続して勉強ができるような環境やしくみを整えることが必要だと感じました。それに気づけたのは大きな収穫でした!



(つづく)

NAOMIさん、ありがとうございました!実はセブ留学は1日8時間以上授業がありますので、週に1回英会話に通う場合と比べると1週間で約8ヶ月分も学ぶことができるんです。なので、短期間でも成果を上げることができます。

また、英語力アップにはまず自分を知ることも大事なことです。

レベルチェックテストや実際の授業を受ける中でそのヒントを得ることができ、自分に合う学習法を見つけられたのだと思います。これなら帰国してからも順調に学習を続けることができますね。

留学行くか迷っている方のご参考になりましたら幸いです^^
次回は宿泊先の学生寮についてや現地生活について伺いますのでお楽しみに!

留学の達人Hiroko

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら