2017/10/09

異文化コミュニケーションが磨けるマルタ島留学

 

この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら
セブ島留学時代から気になっていた 南ヨーロッパのマルタ島留学。 セブ島に並ぶ格安留学として知られています。 フィリピン留学エージェントの大先輩である フィリピン留学ドットコムさんからのご縁で知り合った (競合とかでなくそれぞれの持ち味で フィリピン留学を盛り上げていきましょうと言ってくださる という素晴らしいエージェントさんです) マルタ島を代表する 語学学校シュプラッハカフェの マネージャー Madoka さんとミーティング♬ image ↑ 学校の入り口 夏休みは何と!1,900人の学生が ドイツ、イタリア、ロシアなどから 集まるそうです!(°_°) image セブ島とは違ってグループレッスンがメインになり 個人主義のヨーロピアンとのアパート生活で コミュニケーション能力が鍛えられるとか。 日本人1%程度だし、ある意味スパルタです。 image 留学の国によって得られるものは異なりますので セブ島?マルタ島どっちがいいの?という方や マルタ島にぜひ行きたい!実際はどうなの?という方 お気軽にご相談くださいね! 私自身はマルタ島の雰囲気は大好きですが セブ島に行ってなかったらまず失敗してたと思います。。 目的と適性を見極めてアドバイスさせていただきます(^_^)v =============================================== フィリピン・セブ島留学エージェント イングリッシュバード(東京・福岡・アジア) 代表 小野里 寛子 (運営会社:株式会社世界へのとびらabt_img01 blog_import_551a9ac6738f4
この記事を書いている人 - WRITER -
31歳で会社を辞めて英語ゼロからセブ留学に挑戦。そしてマルタやイギリスなどの欧米にもチャレンジして人生が変わりました。英語だけではなくて、生き方が変わることが素晴らしいと感動し、この経験を伝えていくことで世界の誰かの力になれたらと思って情報発信や留学サポートを行っています。
詳しいプロフィールはこちら